Hiroyuki

Growing Hiroyuki

ほんの少しのボタンの掛け違い

―エーサット熊本事業所に勤務する『元・引きこもり』ヒロユキのお話。その後・・・―

2014年 その後のヒロユキを追ってみた・・・・・


—インタビューから4年が経ち、その後は?
H:私が会社に入社して4年間が過ぎました。 私自身4年間を振り返ると、本当に、様々な経験を積ませて頂きました。
仕事の経験、人との関わり方、遊びにスポーツなど、本当にたくさんの出来事が ありました。もちろん楽しい事ばかりでは有りませんでしたが、これらはすべて、私自身に大きな変化を与えてくれる貴重な時間でした。今の会社に入ることが無ければ、私は全く違った人生を歩んでいたと思います。きっかけを与えて下さった事に感謝しています。

 

入社して2年が過ぎた頃から、いろいろな方から「変わったね」と言われる事が多くなりました。私自身には自覚はなく何が変わったのか、正直良くわかりませんでした。
その頃は、仕事でもたくさんの人達と関わらせて頂いたり、少しずつプライベートの交友関係も広がっていっていました。そうした毎日の生活の中で人と関わる事により私自身も気づかぬ内に沢山の影響を受けていました。それまで人との関わりを苦手としていましたが、この頃から少しずつ人との関わり合いが楽しくなっていったような気がします。

 

そう思えるようになったことが、「変わった」という良い変化だったのかもしれません。

 

 

確かに、それまでは人との付き合いを苦手としていた私ですが、社会において、日々様々な出来事が起きていく中で、人と関わらない時など有りませんでした。
仕事でも、プライベートでも周りにいる沢山の人達から、教えられ、学び、助けられていました。自分の殻に閉じこもり、小さな世界で生きてきたこれまでの自分がどれだけ、
自分本意で身勝手な考え方をしていたのか。考えさせられました。


人と人との繋がりと出会いの大切さをとても強く感じました。

私は会社へ入社すると同時に通信制の大学へ入学しました。私は高校を中退しており、最終学歴は中卒でした。そこで社長が私に課題を与えてくれました。まず通信制の大学へ入学する事。そして、4年間できっちり卒業を果たす事。それらの費用をすべて会社が負担するとの事。しかし、4年間で卒業できなかった際は、費用を3倍で返す事になりました。当時の私は、入社したてだったこともあり、通信制がどれだけ大変かをよく理解せずに、社長に与えて頂いた課題に挑戦する事にしました。


 

毎日働きながら、勉強をするということの大変さを入学して半年ほど経った頃から、実感しました。それでも、卒業する事の大切さと、チャンスを与えてくれた事への感謝、 費用3倍返しのプレッシャーもあり、必ず4年で卒業すると決めていました。
そして今、入社し4年間が過ぎ、今年の春に大学を卒業しました。

 

 

最後に会社の社長夫妻、先輩方に大変感謝しています。今の私はこの4年間が有ったからこそです。仕事ではまだまだ勉強不足で未熟者ですが、これからも努力して行きたいと思います。



現在、ヒロユキ、元気に頑張ってます!!